プロと相談しよう

賃貸物件に住んでいる方は、フロアコーティング等のメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか。賃貸物件を退去する場合は、建物を借りたときの状態に戻さなければなりません。現状回復工事を行う場合は、プロと相談しながら行うことが大切です。

フロアコーティングのメリット5選!

原状回復の際に役立つ

賃貸物件を退去する場合、原状回復義務が発生します。日常生活が原因の小さな傷みは問題ないですが、日頃からキズを防止することが大切です。フロアコーティングすることで床の傷みを防止することができる点は魅力的です。

掃除の手間を省ける

フロアコーティングをすることで床の表面を保護しており、食べこぼしや飲みこぼしによる汚れを落としやすくするメリットがあります。また、ペットの毛が舞うことを防ぐことができるので、掃除の手間を省くことができます。

子どもやペットも安心できる

フロアコーティングをすると、床が滑りやすくなると心配している人もいるでしょう。しかし、フロアコーティングすることで転倒を防止することができます。特に子どもやペットといった転倒の危険性がある場合はフロアコーティングをすると安心です。

耐久性を持たせられる

床をコーティングすることでキズや汚れを防ぐことができます。また、風合いを維持することができるので、床の経年劣化を防ぐことができます。このように、床の耐久性を持たせて、キレイな状態を持続することができるのです。

部屋を明るくすることができる

フロアコーティングすることで、床に光沢をつけることができます。光が床を反射して、部屋全体が明るくなり、景観を良くすることができるのです。自宅の部屋が暗くて困っている方はフロアコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。

原状回復での悩み解決のための道標

作業する人

原状回復工事を行う場合はインターネットを活用して業者を探そう

この記事は、賃貸物件を借りている方で原状回復工事をしなければならなくて困っている方へ向けて記載しています。また、原状回復工事を依頼する業者選びの方法も解説しています。

READ MORE

フロアコーティングは失敗しないように慎重に行おう!

床

失敗例を参考にしよう

賃貸物件に暮らしている方は、退去時に備えて、定期的に建物のメンテナンスを行っておく必要があります。退去時は、建物の原状回復義務が生じますので、床が傷ついていたり劣化していたりしていると費用がかかってしまいます。したがって、フロアコーティングによって床を保護しておくと良いでしょう。フロアコーティングをする場合は、失敗しないように注意する必要があります。失敗例として、塗りムラが発生してしまう場合が挙げられます。キレイに見せるはずが、逆に、汚く見えてしまっては意味がありません。また、フロアコーティング内にほこりや汚れが含まれている場合も失敗例として挙げられます。フロアコーティングする際は、失敗しないように慎重に行いましょう。

プロと相談しながら工事を行おう

退去する際は、場合によっては、原状回復工事を行って借り始めた時と同じ状態にする必要があります。リフォームは現在ある状態をさらに良くすることを目的として工事を行いますが、原状回復は元の状態に戻すことを目的として工事が行われます。現状復帰する場合は、業者と相談しながら行うと良いでしょう。原状回復の範囲は、賃貸借契約の内容によっても変わりますが、原状回復を行うプロへ依頼すれば安心かつ快適に行うことができます。原状回復工事を依頼する業者を探す場合は、複数の業者を比較検討して選びましょう。Webサイトを参考にすれば、料金システムやサービス内容を詳しく知ることができます。また、原状回復工事を行ったお客様の口コミ評価を確認できるので、業者選びに非常に役立ちます。

広告募集中